糸を使った美容整形

糸を使った美容整形【ヴィーナスリフト・金の糸・フェザーリフト】

 

顔のたるみが気になり出すのは、コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなる30代の前半から。肌のハリがなくなってくることで、しわが発生し出すのもこの頃からです。

 

 

頬やあごのたるみは、フェイスラインをぼやけさせて顔の印象をだらしないものにするだけでなく、口元のほうれい線を深くする原因にもなり年をとった印象も与えてしまいます。

 

 

初期の軽い症状のたるみであれば、フェイスマッサージなどで解消することも可能です。

 

 

ヒアルロン酸注射をして、肌にハリを持たせるというリフトアップの方法もありますが、ほほ肉が極端に垂れ下がっている場合には、十分な効果が感じられないこともあります。

 

 

顔のリフトアップには、ヴィーナスリフト、金の糸、フェザーリフトと呼ばれる、糸を使って皮膚を引き上げる施術方法もあります。

 

 

この方法ではメスを使った切開は行なわないため、大きな傷が残る心配がありません。

 

糸を使った美容整形には

  • 手術が短時間で済む
  •  

  • 体の受けるダメージが最小限
  •  

  • 入院が必要ない・メイクも次の日からできる

などのメリットがあります。

 

手術に使用される美容施術用の糸は、一年ほどで溶けて体内に吸収されるため、体内に異物が残ってしまうという心配もありません。

 

 

そして、糸がなくなったあとでもしばらくはリフトアップ効果が得られます。これはコラーゲンやヒアルロン酸の生成が活発になるためです。

 

 

整形手術のなかでは比較的敷居が低いと言える方法ですから、気軽に施術を受ける女性も増えてきていると言います。