口元、ファンデがよれるの加齢のせい?

 

 

口元、ファンデがよれるの加齢のせい?

 

 

近頃メイクしていても、口元のファンデがちゃんと馴染まずによれるようになった・・・。

 

カバー力の高い薄付きファンデを使っても、結局よれが気になるから厚く塗ってしまう・・・。

 

こんなふうにお悩みではないですか?

 

 

顔のなかでも口元は乾燥しやすい場所。

 

それに表情筋がよく動く場所でもありますから、ファンデーションがよれてしまいやすい場所ではあります。

 

 

ですが、今まで問題なく使えていたファンデがうまく馴染まなくなった、というときには “加齢による肌質の変化” を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

 

年齢肌の原因はコラーゲン不足です。

 

年齢とともにお肌の内側から減っていくコラーゲンの影響は大きいもの。

 

ハリと潤いを失うことで内側から支えきれなくなって、お肌のしわ・たるみ・乾燥を引き起こしてしまいます。

 

 

美容化粧品には「コラーゲンを肌の深層部にまで届ける」というものは多いものです。

 

ですが、そのコラーゲンが働き続けるためには、 “その場にとどまらせる仕組み” が欠かせません。

 

それを実現しているのがリペアジェルです。

 

 

リペアジェルは「アミノ酸生命体」「ビタミンC生命体」を配合した世界初のエイジングケア美容液。

 

一滴の水も使用していない純度100%の美容成分が、届け、とどまらせて、最適な素肌環境へと導いてくれます。

 

 

 

 

「私はまだ若いからエイジングケアなんて必要ない」

 

自信を持つのは大切なことですが、肌の老化は20代のうちから始まるものです。

 

コラーゲンの減少は、25歳を過ぎれば全ての女性に起こりうるもの

 

早いうちから適切なケアを行うことが、肌年齢の進行を食い止める唯一の手段だと言えます。

 

 

リペアジェルの肌への効果は医学的にも実証されています。

 

その効果を検証した臨床試験の論文が、医学誌『医学と薬学』に掲載されているほどなのです。